出荷再開

先日降った大雪の影響で、出荷がストップしていたお米達がようやく納品

された。天災とはいえ、いつも楽しみに待っておられるお客様のことを

考えると在庫を切らす訳にはいかないのだ。もちろんある程度までは予測

発注をかけているのだが、先日の大雪は想定外だった・・・

幸いにもギリギリまで持ち堪えての、今日の納品。

精米したそのお米はいつもより輝いてみえた。

IMG_1239.-2jpg.jpg

シリーズB一心堂が考えるお米の価値・健康な(HEALTHY)編

皆さんは「健康」の為に何かしていることはありますか?

私はマクロビとまではいきませんが、一物全体の考えを取り入れて

玄米食をしたり、分づきにしたりして日々お米ライフを楽しんでいます。

(もちろん白米も食べます)

 

私達は食べることで生きています。

良い食べ物を食べていると良い身体になるし、悪い食べ物ばかり食べて

いるとそれなりの身体になります。その場では分かりませんが、長い目

でみていくと差がでてくるのだと思います。

 

それでは、何が良い食べ物で、何が悪い食べ物か・・・

現代の社会では工業製品化された食品がはびこっていて、外食においても、

誰が何を使ってどのように調理したか分からないのは危険があると思います。

 

じゃあ、何も食べれないよ〜、と聞こえてきそうですが、個人でリスクを管理

することは出来ます。楽しみ編でも書きましたが、『誰がどこでどのように調理

(栽培)したものか』を知ることが重要であり、次世代の食のあり方だと思って

います。

 

当店では食(お米)のことを知っていただくことで「健康」を考えるきっかけに

なればと思っています。お米ワールドは無限です。

気持ち!!

2年程前から毎月第4土曜日の午後1時から紙芝居をしている

奈良市平城西公民館で職員の方に心のこもった紙芝居案内板を

作製していただきました〜!!

“見に行きたいな〜”ってすごく感じさせてくれる案内板です!

P1020583.-1JPG.JPG

いつも笑顔で仕事をされている職員の方、そして作製された方の

優しい気持ちに応えられるよう、自分も子供達を思いっきり楽しませて

あげなくちゃと思います。

 

“平城西公民館の近くの子供たち『たかっちゃんの紙芝居』を見に来てね〜!!”

ソチ冬期オリンピック

昨年の1月大阪で開催されたアイスショーを見に行った時、羽生君の滑り

をみて魅せられたことが今更ながら思い出されます。

きっと世界を代表するようなスケーターになるんじゃないかなと、私が

自分のブログでも書いていた通り、とうとうオリンピックで金メダルを

射止めましたね!羽生君おめでとう!


被災地仙台で育ち、自身も被災した羽生君が東日本大震災を機に

“被災地に光を”の一心でこの3年間必死で頑張った結果であると

深夜1人でラジオの実況放送を聞きながら拍手を送っていました。


羽生君、被災地だけじゃなく日本中に元気を与えていただき

本当にありがとう!

大雪

木津川市でも数十年ぶりかと思わせるぐらいの大雪が降りました。

10~15cm位積もりましたでしょうか・・・

いつもの風景が一変してしまいました。

急遽車での配達は取りやめ、自転車に商品を乗せて歩いて数軒の

お得意様をまわった時に雪の風景を撮りました。

もう雪は御免ですね。

P1020671.JPG

P1020673.JPG


3.11 あの日をわすれない

東日本大震災から3年。

「わすれないこと」こそが私達ができる支援の第一歩です。

木津川市の図書館に、宮城県南三陸町の歌人・工藤真弓さんの震災の

日の出来事をつづった五行歌や当時の被災地の様子を撮影した写真など

多数展示してありました。

P1020657.JPG

P1020656.JPG

改めて津波の恐ろしさを感じたのと同時に、被災地の皆さんの今の状況

を思わずにはいられない気持ちになりました。仮設の子供達の顔・様子

を見る限り、必ずや早期に復興してくれることを信じるばかりです。

P1020659-1.JPG

新世界

まさに大阪の心を感じることができるエリア。

そこにそびえ立つ「通天閣」に初めて上ってきました。

P1020594.JPG

P1020600.JPG

大阪の風情が残っているジャンジャン町がある新世界は、昼間から

“人、人、人”で溢れかえっていました。数十件も串カツの店がある

のに、どこも行列が出来る程のにぎわいにはビックリさせられました。

P1020589.JPG

P1020616.JPG

友人達と美味しい串カツを食べながらビールを飲み、その後ほろ酔い気分

で新世界の町並みをぶら〜り。日頃の疲れがふっとぶようなリフレッシュな

1日過ごすことができました。

P1020598-1.JPG

シリーズA一心堂が考えるお米の価値・楽しい(JOYFUL)編

当店の考える「楽しい(JOYFUL)」は5つです。

@知る楽しみ A見る楽しみ B選ぶ楽しみ C作る楽しみ D食べる楽しみ

これら5つの要素が合わさって当店の考える「楽しい(JOYFUL)」が提供できる

と考えています。

 

@知る楽しみ

まず知ることから始まります。

食(お米)に関して言えば、誰がどこでどのように栽培したものか。

毎日身体に取り入れるお米のこと知っておきたくはありませんか?

 

A見る楽しみ

知った後は実際に見てみましょう。

お米って白米にするとどれも同じようにみえますが、玄米をみてみると

それぞれに生産者の気持ちが表れているんです。

実際に見て、店頭精米してくれるところをオススメします。

 

B選ぶ楽しみ

選べることってすごくワクワクしませんか?

じっくり選びましょう。

 

C作る楽しみ

生産者→販売店→あなた。お米というバトンが渡されました。

早く食べたくなりますが、「知る」「見る」「選ぶ」ことが「作る」

をもっと楽しくしてくれます。

部屋に立ちこめる香りがあなたを産地へいざないます。

 

D食べる楽しみ

出来上がったものをみたら、かきこむように食べたくなりますよね。

でもまずゆっくり深呼吸して「い・た・だ・き・ま・す」。

さらに美味しくなる魔法の言葉・・・そして一粒一粒かみしめるように

味わいます。いままでに感じたことのないありがたさを感じることでしょう。

大切に育てられたお米はきっと美味しいのだから・・・