木津川タイムスリップ

京都府が推進している「ちーたび(地元ガイドの交流まちあるき)」という

事業に私が取り上げられました。

どのようなガイドが出来るか、参加者が集まるのかどうか心配な反面、とても

楽しみにしております。

木津川タイムスリップ〜紙芝居のある公園へいこう!〜.PDF

参加申し込み.PDF

結果はまたこのブログで報告します!

端境期

「端境期」ってご存知ですか?

「はざかいき」と読みます。辞書によると「物事の入れ替わりの時期」とあります。

米業界でいう端境期とは9〜10月にかけての「新米と古米の入れ替わりの時期」

にあたります。この時期は、「いつものお米ちょうだい!」というお客様にいつもの

お米を提供できなくなることがあります。お米の数にも限りがあるのです。

しかし、この時期はいつも同じお米を食べているというお客様に、他のお米を食べて

いただける(お米に興味をもってもらえる)チャンスでもあります。


9月中旬頃から続々と新米が入ってきます。

米屋にとっての新年度がはじまります。

IMG_1766.-1JPG.JPG





 

祈り

今日9月8日は「中秋の名月」


月の満ち欠けによって暦を作る太陰太陽暦(旧暦)では、7、8、9月を秋として、

その真ん中の8月15日を中秋というそうだ。

お月見をするのもこの日(15夜)。夏の作物の収穫もほとんど終わり、稲刈り

するまでの手のあく時期に、稲の豊作を祈るお祭りを行ったことが始まりと

されている。


今年西日本では、台風や日照不足の影響で農業に被害が出ている。

「今年はもしかすると期待に応えられないかもしれない・・」と生産者。

農家の方は何も悪くない。我々に出来る事は、いつも通りお米を仕入れて、

お客様とお米について話をし、販売するだけなのだ。


今日は中秋の名月。稲の豊作をお祈りしよう!


明日は月が地球に接近する時と満月が重なる「スーパームーン」も見れると

いう。年に1度あるかないかの現象みたいだが、明日を見逃すと、次に最高の

スーパームーンを見られるのは2034年(20年後)みたいなのでこちらも

check it out! http://vimeo.com/58385453