久し振りの紙芝居

3年前から始めた街頭紙芝居も、母が10月17日に亡くなってから

母の存在の大きかった事、母のやさしさ、今の寂しさ、これからの事

など色んな事を考えたり、葬儀の後の整理等の忙しさの為、長い間

休んでいたが今日から再開することに決めた。

今日は久し振りなので、はたして子供達が見に来てくれるんだろうかと

心配して、いつも行ってる梅美台の公園に着くと20人位の子供達が

手を振って私を迎えてくれた。久し振りに子供達の笑顔を見たら、

嬉しくてもう何ともいえない気持ちがこみあげてきた。やっぱり自分は

毎日、街頭紙芝居をやれるのが一番幸せなんだと感じた今日一日でした。