食べる米ぬかのススメB

現代日本人1人あたりのお米の年間消費量が約60kg(平成19年農水省調べ)

そこから出る米ぬかは、その10%(1割)に当たる約6kg。

これを1日あたりで割るとたったの16g1日3食とすると1回あたりの食事で

大さじ1杯程度のぬかを摂れば、計算上は1年間玄米食を食べたのと同じだけの

栄養が取れるということになります。  


米ぬかを利用する際の注意ですが、米ぬかは精米後日を追うごとに酸化します。

酸化した米ぬかは逆に有害ですので、出来るだけつきたてものを手に入れるよう

しましょう。また農薬の残留は、米ぬかや胚芽の部分に特に溜まりやすいと

言われています。できる限り減農薬や、無農薬などの米ぬかを入手してください。

ちなみに、米ぬかに含まれるフィチン酸は、農薬などの有害物質を体外に排出させ

効果も認められています。


新鮮で良質な米ぬかは、きな粉のようにほんのり甘いんですよ!


『米ぬか』をお求めのお客様へ

 

店頭で『米ぬか』の販売をしております。(¥30/500g)

※ 当店で取り扱っておりますお米のほとんどが特別栽培米(減農薬・減化学肥料)

ですが、一般栽培のお米も取り扱っております。その為「米ぬか」は特別栽培と

一般栽培のものとが混ざっていることがあります。

(米ぬかは品種ごとの販売は現在しておりません。)


品種ごとの米ぬかをご希望のお客様は、その品種のお米を購入いただくことが前提

となります。(購入いただいた重量の約1割が米ぬかとなります。)


【インターネットショッピングをご利用の場合】

恐れ入りますが、購入ページの備考欄に「○○○(商品名)の米ぬか」とご記入ください。

商品と一緒に同梱してお送りいたします。


以下3商品がおススメです。

************************************

・新潟県新潟市こしひかり(減農薬・減化学肥料)

・長野県東御市こしひかり(減農薬・減化学肥料)

・長野県カブトエビの住む田んぼのこしひかり(無農薬・無化学肥料)

************************************

 




 

 

 

 

 

食べる米ぬかのススメA

玄米を食べてる人は「健康」のために、なぜ「玄米」を食べるのでしょうか・・・?


それは、米ぬかに含まれる栄養素を残さず摂ろうとするからです。 

糠(ぬか)という字が、康やかな米と書くその字の如く、玄米の栄養価は大半が

米ぬかの部分に含まれています。

 玄米の栄養価を100%とすると、皆さんが食べている白米(胚乳)にはたったの

5%しか栄養価がなく、残りの95%はすべてぬかの部分にあります。

しかも「胚芽」(芽の出る部分)には実に66%もの栄養価が凝縮されています。

(米ぬか健康法・河村通夫著【小学館】参照)


ですから「玄米」や、少しでも胚芽の残っている「分づき米」を食べる人が増えて

いるわけですが、一方で、玄米は消化・吸収が良くないとも言われております。

そこで逆転の発想で、ぬかを直接摂取してしまうというのも良い方法です。  


『米ぬか』をお求めのお客様へ


店頭で『米ぬか』の販売をしております。(¥30/500g)

※ 当店で取り扱っておりますお米のほとんどが特別栽培米(減農薬・減化学肥料)

ですが、一般栽培のお米も取り扱っております。その為「米ぬか」は特別栽培と

一般栽培のものとが混ざっていることがあります。

(米ぬかは品種ごとの販売は現在しておりません。)


品種ごとの米ぬかをご希望のお客様は、その品種のお米を購入いただくことが前提

となります。(購入いただいた重量の約1割が米ぬかとなります。)


【インターネットショッピングをご利用の場合】

恐れ入りますが、購入ページの備考欄に「○○○(商品名)の米ぬか」とご記入ください。

商品と一緒に同梱してお送りいたします。


以下3商品がおススメです。

************************************

・新潟県新潟市こしひかり(減農薬・減化学肥料)

・長野県東御市こしひかり(減農薬・減化学肥料)

・長野県カブトエビの住む田んぼのこしひかり(無農薬・無化学肥料)

************************************

 




 

 

 

 



食べる米ぬかのススメ@

玄米には食物繊維、ビタミンB1、B2、ナイアシン、ビタミンE、鉄分など

を始めとする豊富な栄養素が含まれています。

最近では、成人病や、アレルギーが蔓延する現代の食生活を見直そうと、玄米食を

はじめとする日本の伝統食が見直されるようになってきました。

(2013年12月4日、「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録)

 

当店のお客様の中にも「玄米や分づき米を食べている」という人がとても多いので

ビックリします。ところがよく話を聞いてみると「家族が食べてくれない」とか

「毎日だと食べ飽きしてしまう」という声が多いのも事実です。

毎日のことだから、美味しくないと思って食べるのも、自分の分だけ別に作るのも、

とても億劫なことですよね・・・。

最近でこそ玄米炊き機能つき炊飯ジャーが登場しましたが、基本的に玄米は、浸水

時間を長くしたり、圧力なべで炊いたり、と手間のかかるものです。

 

さて、そこでなぞかけのような話になってしまいますが、玄米を食べてる人は「健康」の

ために、なぜ「玄米」を食べるのでしょうか・・・?


 

『米ぬか』をお求めのお客様へ

 

店頭で『米ぬか』の販売をしております。(¥30/500g)

※ 当店で取り扱っておりますお米のほとんどが特別栽培米(減農薬・減化学肥料)

ですが、一般栽培のお米も取り扱っております。その為「米ぬか」は特別栽培と

一般栽培のものとが混ざっていることがあります。

(米ぬかは品種ごとの販売は現在しておりません。)

 

品種ごとの米ぬかをご希望のお客様は、その品種のお米を購入いただくことが前提

となります。(購入いただいた重量の約1割が米ぬかとなります。)

 

【インターネットショッピングをご利用の場合】

恐れ入りますが、購入ページの備考欄に「○○○(商品名)の米ぬか」とご記入ください。

商品と一緒に同梱してお送りいたします。


以下3商品がおススメです。

************************************

・新潟県新潟市こしひかり(減農薬・減化学肥料)

・長野県東御市こしひかり(減農薬・減化学肥料)

・長野県カブトエビの住む田んぼのこしひかり(無農薬・無化学肥料)

************************************